favorites of wvdg5z | sa.yona.la help | tags | register | sign in

favorites of wvdg5zall replies to wvdg5zfavorites of wvdg5z

Re: パレットバイアス (1)

パレットバイアス (2)

reply

935


 ピクシブにあったイラスト、どこもかしこも彩度の高い一次色で描かれている。A 。

これに 彩度ひかえめのニ次色パレットでパレットバイアスをかける。 B 。


 そして、この2枚を2層のレイアにして 上にA 下にB と重ねる。


 この絵の主役的人物のところは、一次色を残し(Aで)、そうでない細かいキャラクタのところは透明にして

下のB の二次色の画像が見えるようにする。


934

continue ...

posted by fh9xif | reply (0)

パレットバイアス (1)

reply

http://www.lifehacker.jp/2009/08/webcolor_scheme_designer.html

(ライフハッカー)


 ライフハッカーでパレットスキーマが紹介されていた。→ Color Scheme Designer

nmyna4bm


 この生成されるパレットで、元画像の色に偏向を与え 色変えしてしまうことをやってみる。

青系のところはパレットにある青に、オレンジ系のところはパレットにあるオレンジの方に寄せる。

(画面全体を何色かにするんじゃなく)


 こうゆう 一方の画像のパレットで、もう一方の画像の色を変えてしまうやり方にはいろんなやり方があるだろう。

一つやり方を考えたので そのやり方で。↓


ticfdqvz


 パレットの色の方に寄った。 結構いける。

フォトショではプラグインで、パレットバイアスしてしまうソフトがあるみたいだけど、今回は

コーレルフォトペの中の機能でやった。


 トーマスマックナイトの絵なんかはカラフル、その画像のパレットで ピカソの絵を色変えするってこともできるだろう。

posted by fh9xif | reply (1)

フェードインフェードアウトのスライドショー動画

reply


 スライドショー動画を作った。 

中国のインテリアCGサイトをまわっていたときに保存した画像を使って。

 曲は、以前ここでも紹介した チャンリャンインの曲。 クワァンマン(光芒)

香港のインテリアをイメージして画像をつなげてみましたよ。 

 Youtube はやっぱり、圧縮されてしまうね。フェードインフェードアウトにもかなりノイズが入ってしまう。これがなー。 だから、ファイル版も用意した。 720×480 h.264圧縮。 フェード時のノイズもなし。  下のリンクでダウンロード。 視聴には h.264 のコーデックが必要。 コーデックを入れるのは難しくない。ここを参考 http://vw.xii.jp/webpage/video/honkon_interior_tour.avi


ft83x7kg

posted by fh9xif | reply (0)

H.264 圧縮の動画を見るにはDivXフリー版

reply

http://d.hatena.ne.jp/hosikiti/20090118/1232270475

(ブログでの解説)


引用 :

 DivXコーデックのフリーパッケージに、H.264のデコーダが含まれていることがわかった。そこで試しに使ってみると、1080p(1920 x 816)の動画も難なく再生し、CPU使用率もCoreAVCより低く(20%~50%程度)、非常に優秀なデコーダではないか!

 今後はこのコーデックでHD動画を再生したいと思う。


・ ダウンロードページ

http://www.divx.com/ja/products/software/windows/divx


 これをインストールしておくだけで、ウィンドウズ メディアプレーヤーでも h.264 圧縮の avi ファイルが見れる。

(インストールするだけでいい、設定とか必要なし)


追記 :

 Divxプレーヤーを開こうとしたら、qt-dx331.dll が見つかりませんの表示。 面倒なので、Divx プレーヤーは使わないことにしよう。 ウィンドウメディァプレーヤーか、メディァプレーヤークラシックで十分。 あ、ゴムプレーヤーってのも入れてるんだった。


追記 :

 ウェブ上に、qt-dx331.dll なるファイルがあったのでダウンロードしてsystem32 フォルダに入れてみたら、ちゃんとプレーヤーが立ち上がった。 まずはよし。



posted by fh9xif | reply (0)

アバター顔グラをドット絵化

reply
i2z2w83x


 かなり前のエントリーで、イタリアのアバターサイトを紹介した。

http://www.faceyourmanga.it/homepage.php?lang=eng


 そのアバターを、ドット絵化してみた。


uvw83x7k

exfdqvz2  7fhiyna4


 やっぱり ドット絵のものと、ノーマルなものとはニュアンスが違う。

厳密にはドット絵じゃないんだけどね。

 太めの線も できるだけ1ドットの線にしてしまう 細線化処理といったところ。

posted by fh9xif | reply (0)

Re: オランダのドット絵コミュニティー Pixel Join+

ドット絵を逆に絵的にする

reply

 以前、イラストをドット絵的にするという処理をした。 こんどは逆にドット絵を絵的にしてみる。

これができると、ドット絵をもう一度再利用できるのではないか。


wux7kg6u


 ドット絵のギチギチしたところをもっとソフトにし、パサパサ ポロポロ感の方にもっていく。 

ポエティックでメルヘンな世界へ、という感じ。

 おしゃべりに長けている というよりは、ぽつりぽつりと何かを詩的に語るという 間のある時間の流れ。

ふっと楽になる明るい色。 そのへんを、めざしたいなぁ。

posted by fh9xif | reply (0)

オランダのドット絵コミュニティー Pixel Join+

reply

http://www.pixeljoint.com/pixelart/2181/Scenes.htm?pg=1

力作多数あり。


posted by fh9xif | reply (2)

Re: なんだか

いえいえ

reply

ありのままそこにある光が写るから写真なんですけど,画角と被写界深度の選択で「撮る人」の視点|心象が描画される,写真のイロケをその辺に感じちゃうA型乙女座の私です。

posted by q7ny3v | reply (1)

Re: 陸上:フライングのルール;私見

よーい,どん

reply

の「どん」の見切りからがすでに勝負なわけですよね。

ボウリングの投球で線踏み越えたらファールでノーピン,競馬で走路妨害とかあったら着順下げられる,ローリングスタートなカートとか競艇とかでもドン以前にスタートライン踏んじゃったら失格なわけで。

まぁ他の選手のコンセントレーションとか考えたら全員やり直しじゃなくて走りきってから失格宣告のほうが競技進行としてはスムーズなんだろうな,と思うのだけれど。やっぱフィニッシュで勝敗明らかに見たい気もするし,工夫おねがいします。って何にも言ってない。

posted by q7ny3v | reply (0)

この3Dツールの進化は何だ

reply

http://www.zbrushcentral.com/zbc/showthread.php?t=071829

(リンク先は動画)

ZBrush4  Spotlight and Lightbox


 すごい。 なんじゃこりゃ。 驚きの3Dツール。

posted by fh9xif | reply (0)

Re: ウォーホルとかじゃないでしょうか

http://fh9xif.sa.yona.la/1093

reply

 あっ、そういえば ウォーホールの作品に なんかずれてるのがあったような。 ウォーホールにピンとくるってかなりですねー。

自分も探してみまっす。 どもども。



追記 :

・ アンディ・ウォーホル 「ミックジャガー」

http://gallery-trust.com/sakuhin/warhol01.html


 確かに ずれてる。


追記2 :

・ フェルナンド レジェ



 これなんかも ずれてるっちゃー ずれてる。 ずれた方が アートっぽく見えるのか。 一応 メモ。

posted by fh9xif | reply (0)

グーグルアース プラグイン

reply

 Google Earth プラグインとその JavaScript API を使用すると、3D デジタル地球儀の Google Earth をウェブページに埋め込むことができます。

http://code.google.com/intl/ja/apis/earth/


 うーん、開発しないと面白くないみたいやね。 一旦、保留。

posted by fh9xif | reply (0)

Re: Google3DギャラリーでCOLLADA形式の3Dデータがサポートされ てる

グーグルアースから

reply
micfdqvz


 テレビのモデル。

グーグルアースの画面をキャプチャして加工。

 輪郭線と色とがずれるイラストは どこかで見たなー。 イラストだったか、絵だったか。

posted by fh9xif | reply (1)

Google3DギャラリーでCOLLADA形式の3Dデータがサポートされ てる

reply

 collada形式とは、簡単に言えば3dデータをxmlで書くときの一応の標準。 拡張子は.dae だけど 中身はテキストファイル。


4sdqvz2w

--


 これはちょっと前にはなかった。 テクスチャ画像が別フォルダに入ってるから色変えしやすい。

テクスチャを線画化しモノクロ化することで、マンガ背景のようにもできる。

 ま、それでも.kmz ファイルのあるモデルは.kmz ファイルをダウンロードして、この拡張子を.zip に書き換えて解凍するとテクスチャデータは取れてたんだけど(中身はcolladaデータ)。 今回、それ以外の壺とかテレビとか一般的なモデルもcolladaデータに対応した。

 また、この拡張子.dae は、フォトショCS3から読み込める。  colladaデータ(拡張子.dae) の書き出しは、SkUp pro6で出来る。


 このデータの表示は、グーグルアースってことになるんだけど、collada.zip を解凍した中のdoc.kml の緯度経度を書き換えれば好きなところへ配置できる。(グーグルアースの開くで、doc.kml を開く)

 テレビを日本海の真ん中に配置してみた ↓ 。 (海の上ならグーグルアースはキビキビ動くので)


3qrshiyn

continue ...

posted by fh9xif | reply (1)

Re: お散歩

こういう奥行き感好き

reply

肉眼だとどっちにもピント合わせて見えるけど,心象風景は犬とジイサンは居ることが解かればボヤけてていい。

posted by q7ny3v | reply (1)

Re: Cg-sns の3Dflashをキャプチャ (つづき2)

Cg-sns の3Dflashをキャプチャ (つづき3)

reply
i3pt5j9e


 背景が前に出てきてしょうがない。 背景画が細部まで描かれていて線がじゃまをしているせいか。 

背景画の細部を省略してみた。 前よりよくなった。

 一旦 作業終わり。

posted by fh9xif | reply (0)

Re: Cg-sns の3Dflashをキャプチャ (つづき1)

Cg-sns の3Dflashをキャプチャ (つづき2)

reply
qrershiy


 背景をつけた。  3ステップ後の路地で敵と遭遇する。 武器 鎖ヌンチャク。 

posted by fh9xif | reply (1)

ひな壇にぎやかしタレント

reply

なんだか藤本ミキティとカゴちゃん辻ちゃんのどっちか(わかんない)とかを毎日眺めてる気がする。モー娘関係,あれだきっと尿検査の成績書で「アレ」の使用がないことを局に報告済みなんじゃないか,とか。

posted by q7ny3v | reply (0)

Re: Cg-sns の3Dflashをキャプチャ

Cg-sns の3Dflashをキャプチャ (つづき1)

reply

     ↓

z76upt5j


 前の処理では輪郭線は黒。 白地にキャラだけだとそれでもいいが、背景がつくとそれではなじまない。

もう少しキャラ全体を同系色、つまりカマイユにの方へもっていく。


・ ここで一つ気づき :

 カマイユと言っても、輪郭線のない面で出来た絵画的な絵のカマイユと、輪郭線のあるアニメ画的な絵のカマイユとがある。 輪郭線がある場合、その線の色がポイントになる。 輪郭線を赤系統にしたなら、中の色はれより黄色の方に傾けないといけない。同じ色では輪郭線がわからなくなってしまう。


 この場合、輪郭線は赤茶、中は赤系統。 こうすると、背景にどんな色をもってくるといいかイメージされてくる。

たとえば、暖色系の室内絵、あるいは夕日の中。

 いや、もっと凝ったっていい。 この画像は3Dから作っているから、もう一枚鏡面に映った反対の画像を取って、鏡の中の世界(写し身の世界) を作ってもいい。(その世界は対比させるために寒色とかダーク系)

 時間があれば、の話だけど。 一応 方向性だけメモ。

■ 前の--

posted by fh9xif | reply (1)

http://q7ny3v.sa.yona.la/769

reply
20090819192737.jpg

盆踊りらしいがこのケータイカメラでは伝わるまい

posted by q7ny3v | reply (0)

api | terms of service | privacy policy | support Copyright (C) 2017 HeartRails Inc. All Rights Reserved.